尖閣諸島の字名変更、石垣市議会が可決 中国は反発

沖縄県石垣市議会は尖閣諸島の字(あざ)名を変更する議案を賛成多数で可決した/GETTY IMAGES

沖縄県石垣市議会は尖閣諸島の字(あざ)名を変更する議案を賛成多数で可決した/GETTY IMAGES

香港(CNN) 沖縄県石垣市議会は22日、市内の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の字(あざ)名を「登野城(とのしろ)」から「登野城尖閣」に変更する議案を賛成多数で可決した。尖閣諸島の領有権を主張する中国はこれに強く反発し、海警局の船数隻を当該の海域に派遣したと発表した。

NHKが報じたところによると、今回の字名変更は「市内に同じ字名の地域があり、事務的なミスを防ぐため」のものだという。

中国外務省の趙立堅副報道局長は同日、尖閣諸島について、「中国固有の領土であり、いわゆる行政手続きとしての字名変更は中国の領土主権に対する重大な挑発行為だ」と非難した。

また中国海警局は同日、尖閣諸島の周辺海域に「船団」を派遣したことを明らかにした。

尖閣諸島の上空を飛行する日本の哨戒機(資料写真)/AFP/Getty Images
尖閣諸島の上空を飛行する日本の哨戒機(資料写真)/AFP/Getty Images

石垣市議会の採決に先駆け、中国は尖閣諸島の地位に関するいかなる変更も行わないようにと警告を発していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]