中米ニカラグア、大統領が1カ月以上姿見せず 感染対策も発表なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40日以上公の場に姿を見せていない中米ニカラグアのオルテガ大統領/Inti Ocon/AFP/Getty Images

40日以上公の場に姿を見せていない中米ニカラグアのオルテガ大統領/Inti Ocon/AFP/Getty Images

メキシコ市(CNN) 新型コロナウイルス感染が世界各地に拡大するなか、中米ニカラグアではオルテガ大統領(74)が1カ月以上前から公の場に姿を見せず、感染対策も発表されていない。

オルテガ氏は2月21日に軍のイベントに出席した姿がテレビで放送され、オンラインでは先月12日に中米統合機構(SICA)の首脳会議に参加したが、その後の動静は明らかでない。

同国では国境封鎖や休校措置、人との接触を避ける「社会的距離」確保の行動規制もなく、感染対策は一部市民の自主隔離などにとどまっている。

先週末も各地で観光イベントや復活祭の行事がにぎやかに開催され、国営放送がその模様を報じた。

米州保健機構(PAHO)は同国の状況に懸念を示し、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は「中南米諸国の首脳で感染対策を発表していないのはオルテガ氏だけ」と指摘する。

HRWによると、オルテガ氏の妻、ムリージョ副大統領は国民に、落ち着いて仕事を続けるよう呼び掛けている。

政府が13日に発表した集計では、国内で確認された感染者は9人、経過観察中の患者が12人、死者は1人で、いずれも外国から流入した症例とされている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]