隔離要請無視して観光旅行、母娘を提訴 韓国・済州島

韓国・済州島の自治体は、自主隔離の要請を無視して観光を行ったとして、親子2人を提訴した/Shutterstock

韓国・済州島の自治体は、自主隔離の要請を無視して観光を行ったとして、親子2人を提訴した/Shutterstock

ソウル(CNN) 韓国の人気リゾート地、済州島がある済州道行政当局は5日までに、新型コロナウイルスの感染が疑われ隔離措置が求められていたにもかかわらず観光で同島を訪れた19歳の女性とその母親に民事訴訟を起こしたと発表した。

1億3200万ウォン(約1158万円)の損害賠償支払いを求めている。原告には済州道当局の他に、2人と接触したために隔離対策を強いられた個人2人と休業を迫られた2事業体が加わっている。

韓国では新型コロナウイルスの被害が甚大で、同国の疾病予防管理当局によると今月5日の時点で新たに94人の感染者が判明し総数は1万156人に達した。死者は177人となっている。

済州道は訴状で、娘は地域社会の一員としての義務を果たさなかったと批判。52歳の母親についても娘の違法な活動に積極的に加担して旅行費用も与えており、その罪は明白だとも主張した。

同道当局の報道発表文によると、娘は最近、留学先の米ボストンから帰国していたが自主隔離を勧告されていた。

ソウルに住む母親と共に先月20日に済州島を訪問。娘は翌日、症状を示し始めたが2人は4日間にわたって滞在を続け、20カ所で推定47人と接触したとしている。

母娘はソウルの自宅に戻った後、公共病院で検査を受け新型コロナウイルスの陽性反応が判明していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]