コロナビールの生産が一時停止に、新型ウイルスの感染拡大で メキシコ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「コロナ・ビール」の生産が一時停止となった/Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「コロナ・ビール」の生産が一時停止となった/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) メキシコのビール大手グルポ・モデロは5日までに、コロナビールをはじめとする同社製品の生産を一時的に停止すると発表した。

同社はツイッターを通し、メキシコ政府が新型コロナウイルス感染拡大を受け、必需品の供給を除く企業活動を禁止したためと説明した。 ・ 米ジョンズホプキンス大学の集計によると、メキシコでは新型ウイルスの感染者が1500人余り、死者は50人確認されている。

同社製品の米国への輸入、販売を手掛けるコンステレーション・ブランズのニューランズ最高経営者(CEO)は、消費者の需要に見合った在庫は十分にあり、近いうちに底をつく恐れはないと強調した。

新型ウイルスと同じ商品名だったことにより、売り上げが落ち込むような影響は出ていないという。コンステレーションが扱うビールの売上高は今年1~3月に前年同期比8.9%、特に3月1~3週は同24%の伸びを示した。特によく売れた銘柄がグルポ・モデロのモデロとコロナだったという。

米国内の広い範囲で市民の外出が制限されるなか、ビールなど酒類の売り上げは増加傾向にある。米ニールセンの調査でも、3月第3週のビールの売上高は前年比34%増となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]