「少女が意識失い抵抗せず」と強姦罪適用せず スペイン

「被害者が意識失い抵抗せず」と強姦罪適用せず

(CNN) スペインス・バルセロナの裁判所は2日までに、男5人が14歳少女の集団レイプの罪に問われた事件で少女が意識を失い抵抗しなかったとして強姦(ごうかん)の罪には相当しないとの判断を下した。

同国の現行法では、性的暴行事件のうち、実行犯が暴力や威嚇の手段を使った場合のみ性的暴行もしくは強姦の行為の要件を満たすと規定している。5人には今回、刑罰が軽い性的な虐待行為で禁錮10~12年の刑が下された。

少女に対する1万2000ユーロ(約145万円)の賠償金支払いも命じた。暴行現場にいた別の男性2人は全ての容疑罪名で無罪となった。

今回の事件を受け政府は関連刑法の改正の圧力を受け、特に合意なき一切の性的行為の強要は暴行と位置付けるべきとも要求されている。

被害を受けた少女への支持を訴えるデモ隊の女性=2019年7月8日、スペイン・マラガ/Jesus Merida/SOPA Images/Shutterstock
被害を受けた少女への支持を訴えるデモ隊の女性=2019年7月8日、スペイン・マラガ/Jesus Merida/SOPA Images/Shutterstock

事件は2016年、バルセロナ近くの町で催されたパーティーで発生。法廷での陳述などによると、場所は放棄された工場内で少女は酒や薬物の影響で意識不明の状態となり被害を受けていた。

判決を下した裁判所は報道発表文で、無力状態だった未成年者の被害者への性的攻撃は極めて過酷と認定。その上で、意識喪失の状態だった被害者は被告との性的関係を受け入れるか抵抗するかの判断も出来なかったと説明。被告は暴力もしくは威嚇の手段を用いず性的行為を進めた可能性もあるとした。

スペインでは過去にも男5人による同様の事件が発覚し、いったんは強姦の罪を免れる裁判があった。ただ、同国の最高裁判所は今年6月、国民の間の反発を受ける形で判決内容を撤回し、5人にレイプの罪で禁錮15年の刑を下していた。

今回の裁判はこの過去の判例を想起させ、全国各地で抗議活動を招いてもいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]