息子の裏口入学に4300万円、中国人の母親を拘束

米名門大学への裏口入学で中国人の母親が拘束された/Shutterstock

米名門大学への裏口入学で中国人の母親が拘束された/Shutterstock

(CNN) 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に息子を裏口入学させるため、仲介者に40万ドル(約4300万円)を支払ったとされる中国人の母親(48)が16日、スペインで拘束された。

米連邦検察が17日に発表したところによると、母親はカナダ南西部のブリティッシュコロンビア州サレー在住。郵便による詐欺罪やそれを共謀した罪に問われ、米ボストンで起訴された。当局はスペインに身柄の引き渡しを求めている。

米名門大学への大規模な裏口入学事件で逮捕されたのはこれで52人目、学生の親では35人目だ。

調べによると、事件の首謀者とされるリック・シンガー被告は2018年8月、この母親への電話で、40万ドルの支払いと引き換えに息子をサッカー選手枠でUCLAに入学させると説明した。

母親は同年10月までに、息子の成績証明書とテニスをしている写真を送った。シンガー被告の共犯者とされる南カリフォルニア大学女子サッカー部の元アシスタントコーチが別人の写真を使い、息子のサッカー歴をねつ造した。

母親はシンガー被告の指示に従い、偽の慈善団体に10万ドルを送金した。同被告はUCLA男子サッカー部の元コーチに同額の小切手を送った。

息子は11月に合格通知を受け、学費の25%に相当する奨学金も獲得。母親は今年2月、残りの30万ドルを振り込んだとされる。

一連の事件で逮捕された親の中ではこれまでにただ1人、女優のフェリシティ・ハフマン被告が先週、禁錮14日の刑を言い渡されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]