豪州海軍のヘリに漁船がレーザー照射、専門家が報告 南シナ海

南シナ海での軍事行動に派遣された豪州海軍の艦船「HMASキャンベラ」/ISHARA S.  KODIKARA/AFP/Getty Images

南シナ海での軍事行動に派遣された豪州海軍の艦船「HMASキャンベラ」/ISHARA S. KODIKARA/AFP/Getty Images

香港(CNN) オーストラリア軍のヘリコプターが、南シナ海での軍事行動中、海上を航行する船舶からレーザー照射を受けていたことが分かった。軍事行動に従事していた艦船に搭乗した専門家が、28日に明らかにした。

オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)のアナリスト、ユアン・グレアム氏は、最近オーストラリア海軍による南シナ海での軍事行動に同行した際の出来事として、ヘリコプターに対するレーザー照射に言及。ASPIのブログに「複数のヘリコプターのパイロットが、航行中の漁船数隻からレーザー照射を受けた」と記述した。これらの機体は一時的に着艦したという。

CNNの取材に答えたグレアム氏は、レーザー照射を目撃はしていないものの、当該のパイロットから市販のレーザー装置による照射を受けたことを直接告げられたと述べた。

グレアム氏が搭乗した「HMASキャンベラ」を旗艦とするオーストラリア海軍は、南シナ海とインド洋での3カ月間にわたる任務を今週終了したところだった。オーストラリア軍の当局者はCNNに対し、グレアム氏の報告について調査していると明らかにした。

海上にいる漁船の船員はレーザーを使用し、他の船舶に向けて距離が近すぎるなどの警告を発することがある。ただグレアム氏は、南シナ海において航空機から船舶への直接的な脅威がないのは明白だと指摘。海上の民兵組織が戦術として故意にレーザーを照射した可能性は否定できないとの見方を示した。

同氏によればキャンベラをはじめとするオーストラリアの軍艦は、南シナ海を航行中、ほぼ継続的に中国軍艦による追跡を受けていたという。この間、オーストラリア側は中国が実効支配する島や環礁には一切近づいていなかった。

両軍の間での無線通信のやりとりは、礼儀正しいものだったとグレアム氏は証言した。

中国は南シナ海の領有権を主張する取り組みの一環として、海上の民兵組織を運営している。漁船の一団からなるこの組織は、実質的に中国海軍の代理としての役割を担う。

中国軍の公式サイトによると、同国南部の海南島では、2016年までの3年間で地元の漁師らが海上における警察活動を250回以上支援したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]