在スペイン北朝鮮大使館で襲撃の報道、関与が疑われる集団の狙いは?

何者かの襲撃を受けたとされるスペインの北朝鮮大使館/Manu Fernandez/AP

何者かの襲撃を受けたとされるスペインの北朝鮮大使館/Manu Fernandez/AP

(CNN) スペインのマドリードにある北朝鮮大使館が何者かに襲撃される事件があり、当局が捜査を行っている。スペイン国家警察がCNNに明らかにした。

地元紙エルパイスの報道によると、2月22日に起きたとされる事件では、偽の火器を持った10人の集団が北朝鮮大使館に押し入って職員らを問いただし、暴行を加えるなどしたとされる。

襲撃犯は中にいた職員らをロープで縛り、物品を盗んで高級車で逃走したという。

隙を見て女性1人が大使館から脱出し、この女性の悲鳴を聞いた近隣の住民が警察に通報した。しかし大使館に駆けつけて扉をノックした警察は、何も起きていないと告げられたという。

事件が起きたのは、米国のトランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とベトナムの首都ハノイで会談する数日前だった。

警察は大使館襲撃事件について、捜査中であることを理由に詳細を明らかにしていない。スペイン内務省も、捜査中の案件についてはコメントしないとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]