中国政府、ボーイング737MAX8の運航停止 エチオピアの墜落受け

エチオピア機墜落現場、CNN記者がリポート

(CNN) エチオピア航空が運航するボーイング737MAX8型機の墜落事故に関連して、中国政府が11日、同型機の運航を停止させた。

中国民用航空局の発表によると、「安全上の危険を一切容認しない」原則に基づき、中国国内の737MAX8は、現地時間の午後6時まで、全便が運航停止となる。

737MAX8型機は半年足らずの間に2度の墜落事故が相次いだ。エチオピア航空の旅客機は10日、離陸直後に墜落して搭乗者全員が死亡。昨年10月にはインドネシアのライオン・エアーが運航する同型機が墜落して189人全員が死亡していた。

中国民用航空局はこの2つの事故について、「墜落したのは新たに納品されたボーイング737MAX8型機で、いずれも離陸の間の事故だったなどの共通点がある」と指摘した。

運航の再開については、ボーイングや米連邦航空局(FAA)に連絡を取り、安全性について確認した後に判断するとしている。

現時点ではエチオピア航空の旅客機が墜落した原因は分かっておらず、ライオン・エアー機の墜落事故との関連を裏付ける証拠も見つかっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]