中国、19年の成長目標を6~6.5%に設定 一層の減速予想

中国の経済成長は今年、一段の減速が予想されるという/Andy Wong/AP

中国の経済成長は今年、一段の減速が予想されるという/Andy Wong/AP

香港(CNN Business) 中国の李克強(リーコーチアン)首相は5日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の冒頭で演説し、2019年の経済成長率の目標を6~6.5%に設定すると明らかにした。

昨年の成長率は6.6%と約30年ぶりの低水準にとどまったが、それをさらに下回る目標設定となった。

李氏は演説で「我が国の発展を取り巻く環境は今年、複雑さと厳しさを増している」と指摘。予期せぬものも含めリスクと試練が増えるとし、「激闘に備える必要がある」と述べた。

中国では政府による高リスク融資の取り締まりを受け、多くの企業が成長に必要な資金を調達できない状況に置かれた。また、米国との貿易戦争の影響もじわりと広がっている。

ただ、トランプ米大統領は先週、交渉妥結が「非常に近い」と述べ、中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談で決着をつける考えを表明。通商対立は収束に向かっているとみられる。

これは明らかに前向きな兆候だが、成長加速につながるとは見られていない。

国際通貨基金(IMF)によると、今年の世界経済は成長の減速が予想されている。世界最大の輸出国である中国は需要の落ち込みで打撃を受ける見通しだ。

中国政府はこの数カ月、相次いで景気刺激策を発表。中小企業への減税や輸入関税の引き下げ、インフラ投資の拡大、金融緩和策などを打ち出したが、その多くは効果の浸透に数カ月かかる可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]