ソマリア首都で爆発、10人死亡 イスラム過激派が犯行声明

車両が爆発し、10人が死亡した=4日、モガディシオ/ABDIRAZAK HUSSEIN FARAH/AFP/Getty Images

車両が爆発し、10人が死亡した=4日、モガディシオ/ABDIRAZAK HUSSEIN FARAH/AFP/Getty Images

ソマリア・モガディシオ(CNN) 東アフリカ・ソマリアの首都モガディシオにあるショッピングモールで4日、自動車爆弾が爆発し、警察や目撃者によれば、少なくとも10人が死亡し、数十人が負傷した。

爆発は商業地区にある混雑したショッピングモールで発生した。警察によれば、生存者の捜索活動が行われており、死傷者の数は増える恐れがある。

イスラム過激派「シャバブ」が犯行声明を出した。

目撃者によれば、爆発によって、近くの商業施設の窓が揺れたという。

昨年11月にモガディシオのホテル近郊で起きた自動車爆弾による3度の爆発で少なくとも52人が死亡し、約100人が負傷したが、これについてもシャバブが犯行声明を出していた。

シャバブは2006年以降、モガディシオで、海外の救助活動家や記者、民間の指導者、政府関係者らを狙った襲撃を繰り返している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]