米軍がソマリア空爆、過激派37人を殺害

米軍がソマリアの過激派「シャバブ」に対し、無人機による精密爆撃を実施した/Getty Images

米軍がソマリアの過激派「シャバブ」に対し、無人機による精密爆撃を実施した/Getty Images

(CNN) 米アフリカ軍は、ソマリアで19日に2度の空爆を行い、国際テロ組織アルカイダ系の過激派「シャバブ」に関与する戦闘員37人を殺害したと発表した。

米国防当局者がCNNに語ったところによると、2度の空爆は無人機を使って実施し、最初の空爆はシャバブの拠点を狙った。

米アフリカ軍によれば、事前に計画された精密爆撃により、最初の空爆で戦闘員27人を殺害、2度目の空爆でさらに10人を殺害した。

今回の空爆は、シャバブ掃討を続けるソマリア政府を援護したもので、これによってシャバブが今後の攻撃を計画する能力を低下させ、指導部のネットワークを混乱させ、同地域での作戦の自由を減退させたとしている。

米軍は現在、空爆による民間人の死傷者が出なかったかどうかを調査している。

米軍は10月にもシャバブに対する空爆を実施し、この時はアルカイダ系の戦闘員60人あまりを殺害していた。

米国のトランプ大統領は2017年3月、米軍がソマリア政府を支援する目的で、シャバブに対する精密爆撃を行うことを承認した。

それ以前は、自衛を目的とした空爆しか認められていなかった。

米軍はソマリアに約500人を派遣し、主に助言などの任務に当たらせている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]