イモの積み荷に1次大戦時の手榴弾、爆破して処理 香港

積み荷の中から手榴弾が発見された/Hong Kong Police Force/Hong Kong Police Force

積み荷の中から手榴弾が発見された/Hong Kong Police Force/Hong Kong Police Force

香港(CNN) 香港の警察は2日、フランスから到着したジャガイモの積み荷の中にドイツが第1次世界大戦で使用した手榴弾(しゅりゅうだん)1個が見付かったと報告した。

積み荷はポテトチップ製造工場などがある工業団地へ運ばれていた。団地には「カルビー」ブランド名のスナック類を手掛ける工場もある。香港にあるカルビーの系列企業とは即座に接触出来ておらず、コメントは得られていない。

香港の警察幹部は記者団に、手榴弾はジャガイモと共にフランスから運ばれたと述べた。

手榴弾は工業団地内で爆破処理された。起爆装置などは以前に外されており、手榴弾自体は「安定した状態」にあったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]