天皇陛下、在位中最後の新年参賀 平成最多の15万人

天皇陛下にとって在位中最後となる新年恒例の一般参賀が行われた/JIJI PRESS/AFP/AFP/Getty Images

天皇陛下にとって在位中最後となる新年恒例の一般参賀が行われた/JIJI PRESS/AFP/AFP/Getty Images

東京(CNN) 天皇陛下にとって在位中最後となる新年恒例の一般参賀が2日、皇居で行われた。

参賀者は昨年記録した12万6720人を上回り、平成最多の15万4800人に達した。

日の丸を掲げて「万歳」を唱える参賀者に向け、陛下は「新年おめでとう。晴れ渡った空のもと、皆さんとともに新年を祝うことを誠に喜ばしく思います。本年が少しでも多くの人々にとり、良き年となるよう願っています。年頭にあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べた。

天皇陛下はこの日、皇后陛下や皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らとともに宮殿のベランダに立って参賀者らに手を振った。当初は計5回の予定が、急遽(きゅうきょ)2回追加された。

陛下は4月末に退位し、5月1日に皇太子さまが新天皇に即位する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]