原宿・竹下通りで車暴走、9人負傷 容疑者の男を逮捕

原宿の竹下通りで車が暴走し、負傷者が出た/KAZUHIRO NOGI/AFP/AFP/Getty Images

原宿の竹下通りで車が暴走し、負傷者が出た/KAZUHIRO NOGI/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 東京・原宿の竹下通りで1日未明、新年を祝う人々に1台の軽自動車が突っ込み、少なくとも9人が負傷した。うち1人は重体。

事件当時、竹下通りは初詣でに合わせて通行止めになっていたが、警察によると、その車は午前0時10分ごろ、歩行者で混みあう竹下通りを猛スピードで突っ走ったという。

この事件で負傷したのは10代から50代までの9人で、そのうち大学生の男性1人が重体。負傷者の1人は、車が止まった後、降りてきた容疑者に殴られたという。

報道によると、事件からおよそ20分後に日下部(くさかべ)和博容疑者(21)が警察に逮捕された。日下部容疑者は当初、警察に暴走はテロ行為だったと述べたが、後から死刑制度への報復としてやったと語ったという。

テレビ朝日の報道によると、日下部容疑者の車からは大量の灯油が発見され、容疑者が着ていた衣服にも灯油が付着していた。日下部容疑者は動機について、オウム真理教の信者らの死刑に対する報復などと述べているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]