エジプト治安部隊、テロ容疑者40人を殺害 急襲作戦で

28日の即席爆弾の爆発で直撃を受けた観光バス=ギザ/Amr Abdallah Dalsh/Reuters

28日の即席爆弾の爆発で直撃を受けた観光バス=ギザ/Amr Abdallah Dalsh/Reuters

(CNN) エジプト治安部隊は29日、首都カイロ近郊のギザと北シナイ県でテロリストの潜伏先とみられる2カ所を急襲し、容疑者40人を殺害した。国営紙アルアフラムの電子版が内務省の発表として伝えた。

急襲作戦は29日の夜明けとともに実行された。治安当局に入った情報によると、容疑者らはクリスマス休暇の間に同国の経済や観光業界、軍や警察、キリスト教の礼拝施設などを狙った連続テロ攻撃を計画、準備していたとされる。

発表によると、現場では相当量の銃や弾薬、即席爆弾が押収された。

ギザでは28日、道路脇に仕掛けられた即席爆弾が爆発して観光バスを直撃。バスに乗っていたベトナム人観光客3人とエジプト人ガイド1人が死亡、11人が負傷した。この事件の犯行声明は出ていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]