ピラミッド内部に謎の大空間見つかる エジプト

2017.11.03 Fri posted at 18:13 JST

[PR]

(CNN) エジプトのギザにある同国最大のピラミッド内部を調べていた国際研究チームが、石灰岩と花崗岩(かこうがん)の壁の内側に長さ30メートルの空間が隠されているのを発見したとして、2日の英科学誌ネイチャーに発表した。巨大ピラミッドの構造について理解を深める手がかりとして期待される。

謎の空間が見つかったクフ王のピラミッド(高さ139メートル)では、これまでに「王の間」「女王の間」「大回廊」の3つの空間が確認されている。しかし新しい巨大空間の発見は19世紀以来となる。

フランスやエジプトの研究機関が参加する「スキャンピラミッド」プロジェクトでは、同ピラミッドの調査に物理学の手法を応用し、宇宙放射線が大気中で原子に衝突して発生する「ミューオン」と呼ばれる素粒子を測定した。

ミューオンは岩石によって部分的に吸収されることから、巨大な空間があれば検出数は増える。研究チームは「女王の間」に検出器を設置しミューオンの数を計測した結果、予想よりも多くのミューオンが通過していることを発見。何度も調査を繰り返し、これまで未確認だった空間があることを確認した。

この空間は水平になっている可能性も、「大回廊」のように傾斜している可能性もある。目的や、内部に何があるかは分かっていない。しかし現時点で、ドリルで穴を開けてカメラを挿入するといった、ピラミッドにダメージを与えかねない方法で調べる予定はないという。

エジプト考古省は「これは大ピラミッドであり、触れることはできない」と強調する一方、研究成果の発表によって、空間が存在する理由や内部に何があるかを巡る科学的論議を期待したいと話す。ただし、新たな埋葬室が存在する可能性については「科学的、考古学的、歴史的にそれを裏付ける根拠はない」「もし別の埋葬室があるとすれば、そこへつながる入り口があるはずだ」と指摘した。

メールマガジン

[PR]