UAE、消えた王女の写真公開 脱出図り連れ戻される?

ラティファ王女(左)とメアリー・ロビンソン氏/UAE Government Handout

ラティファ王女(左)とメアリー・ロビンソン氏/UAE Government Handout

(CNN) アラブ首長国連邦(UAE)は24日、ドバイ首長の娘で、今年に入って国外へ脱出しようとした後、一時的に消息が分からなくなっていたラティファ王女の写真を公開した。

ラティファ王女は今年3月、インド沿岸でヨットに乗っている姿を目撃されたのを最後に、公の場に姿を見せていなかった。脱出を手助けした2人の人物によれば、王女はインドとUAEの部隊に急襲され、ドバイに連れ戻されたという。

今回UAE外務省が公表したのは、解像度の低い3枚の写真で、撮影日は2018年12月15日。ラティファ王女は、アイルランドの元大統領で国際連合人権高等弁務官も務めたメアリー・ロビンソン氏と一緒に写っている。

ラティファ王女はドバイ首長でUAE首相のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏の娘。3枚の写真では、カメラから目をそむけたり、ロビンソン氏と向き合ったりしていた。

UAEが国連人権高等弁務官事務所に伝えたところによると、ロビンソン氏は首長一家の要請を受けて同国を訪問した。

政府は写真の公表について、「王女に関する誤った情報に反論し、王女が生きてドバイで家族と暮らしていることを証明するもの」と強調している。

ラティファ王女はドバイからの脱出を図る前に、39分間の動画を撮影し、なぜ危険を冒してドバイから再度の脱出を試みるのかを説明していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]