仏ストラスブールで銃撃 2人死亡、10人負傷 容疑者は逃走

当局によると少なくとも2人が死亡、10人が負傷した/VINCENT KESSLER/REUTERS

当局によると少なくとも2人が死亡、10人が負傷した/VINCENT KESSLER/REUTERS

(CNN) フランス東部ストラスブールで11日、銃撃があり、当局によると少なくとも2人が死亡、10人が負傷した。

警察発表によると、容疑者は身元が特定されたものの逃走中。銃撃は現地時間の午後8時(日本時間12日午前4時)ごろ、市中心部で開かれているクリスマス市の近くで発生した。

CNN系列のニュース専門局BFMは、容疑者が警察の作戦で負傷したと伝えた。ストラスブール生まれの29歳の男だという。

同市にある欧州議会の本会議場は封鎖されている。タヤーニ議長はツイッターで「テロや犯罪には屈しない」と強調した。

パリ検察によると、対テロ部門が捜査を主導している。

負傷者は市内の病院へ運ばれた。

内務省はツイッターで市民らに対し、屋内にとどまるよう呼び掛けた。

マクロン仏大統領は事態を注視しつつ、内相に現場へ向かうよう指示した。

ストラスブールの市長はツイッターで「重大な」事件が起きたと述べ、犠牲者らに追悼の意を表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]