猛烈な台風22号、フィリピン・ルソン島方面へ移動

2016年の台風ハイマーで倒壊した建物。台風22号(マンクット)がルソン島方面へ向かって移動している/Stringer/Getty Images

2016年の台風ハイマーで倒壊した建物。台風22号(マンクット)がルソン島方面へ向かって移動している/Stringer/Getty Images

香港(CNN) 猛烈な台風22号(マンクット)が太平洋上を移動し、フィリピン・ルソン島へ向かっている。米領グアムではすでに洪水や停電などの被害が出ている。CNNの気象専門家によれば、今後24時間から48時間にかけて勢力を強める見通し。

専門家からは、ルソン島北部で大雨や洪水を引き起こす可能性があるとの警告が出ている。地元当局は救援物資の準備を進めており、治安部隊も警戒態勢に入っている。

世界災害警報提携システム(GDACS)によれば、フィリピンや中国南部に住む最大4330万人に影響が出る恐れがある。

ルソン島では2016年、台風ハイマーに襲われ、1万4000軒の家屋が破壊されたほか、損傷した家屋は5万軒にのぼった。

同様の被害が出る可能性は小さいものの、フィリピン当局は米などの農作物に2億5000万ドル(約278億円)規模の被害が出る可能性があると警告している。

台風22号が現在の進路を進むと、ルソン海峡を抜け、香港やマカオに到達するとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]