米国とは「戦争も交渉もしない」 イラン最高指導者

イランの最高指導者ハメネイ師。米国とは「戦争も交渉もしない」との姿勢を示した/Getty Images

イランの最高指導者ハメネイ師。米国とは「戦争も交渉もしない」との姿勢を示した/Getty Images

(CNN) 米国がイラン核合意から離脱し経済制裁を再開させるなか、イランの最高指導者ハメネイ師は13日、「米国とは、戦争も交渉も行わない」と述べ、経済制裁に対して断固たる姿勢を示した。演説が公式サイトで公開された。

トランプ米政権は今月7日、核合意からの離脱を受けて対イラン経済制裁を再開していた。核合意は2015年に米英仏独中ロとイランの間で成立。核開発の制限と引き換えに経済制裁が緩和されていた。

ハメネイ師の発言は、イランのロハニ大統領の発言と矛盾するところもある。ロハニ大統領は先ごろ、米国と対話する用意があると述べていた。

ハメネイ師は演説の中で、イラン経済が打撃を受けていることは認めつつ、経済問題の大部分は国際的な経済制裁よりも国内の事情によるものであるとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]