米国が経済制裁を再開、イランに及ぼす影響は?

トランプ政権が再開した経済制裁はイランにどのような影響を与えるのだろうか/CNN Illustration/Getty Images

トランプ政権が再開した経済制裁はイランにどのような影響を与えるのだろうか/CNN Illustration/Getty Images

(CNN) イラン核合意から離脱したトランプ米政権による対イラン経済制裁が再開された。7日に始まった第1弾では、イランによる米ドルや金、貴金属の購入が禁止される。経済制裁はまた、通貨リアルによる取引や自動車産業にも大きな影響を与えそうだ。経済制裁の再開は短期的、長期的に、イランに対してどのような影響を及ぼすのだろうか。

世界の大部分は11月に始まる第2弾の石油やガスに対する制裁に注目しているが、第1弾の制裁も脆弱(ぜいじゃく)なイラン経済に対して、多くの人たちが現在予想しているよりも大きな打撃となりそうだ。

トランプ大統領が核合意からの離脱を宣言して以降、通貨リアルは暴落している。リアルの下落は、イラン経済を待ち受ける混乱についての最良の経済的指標といえそうだ。

イランは外界に向けて完全に開放されていない最後の主要な新興市場だ。8000万人の消費者を擁し、人々の教育水準は高く、貴金属など天然資源も豊富だ。

米国による経済制裁は、少なくともトランプ大統領の任期が残っている間は、潜在力を発揮しようとするイランの取り組みにとって大きな打撃となるだろう。

イランは自国に巨大な消費市場を持っており、3億人規模の消費者を擁する中東や北アフリカでは主要な工業国だ。経済制裁は、原材料や主要部品へのアクセスを制限することで、イランの鋼鉄やアルミ、自動車といった産業に打撃を与えるよう計算されている。

過去数カ月の間に米国が経済制裁の再開に言及しただけで、2015年の核合意後に築き上げてきたあらゆる活気が勢いを失っている。

15年のリセッション(景気後退)後、イラン経済は16年に12.5%の成長を記録した。今年も堅調な伸びを示すとみられている。国際通貨基金(IMF)の試算によれば、今年の経済成長率は4%だ。しかし、これは、米国が核合意から離脱する前に計算されたものだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]