インドネシア・ロンボク島、2週間で3度目となる地震 M5.9

地震で倒壊した建物。9日にもM5.9の地震が発生した/Ulet Ifansasti/Getty Images

地震で倒壊した建物。9日にもM5.9の地震が発生した/Ulet Ifansasti/Getty Images

(CNN) インドネシアのリゾート地、ロンボク島で9日、マグニチュード(M)5.9の地震が発生し、人々は屋外に避難した。

ロンボク島では5日にM6.9の地震が発生し、少なくとも347人の死者が出ている。多くの建物が損壊し、ロンボク島北部の沿岸や近くのギリ3島では数千人が足止めを余儀なくされた。

ロンボク島北部は、リゾート地の多い南部よりも住民が多いが開発は進んでいない。9日の地震は近くのバリ島でも揺れが感じられた。

救助活動を支援する非政府組織を運営している男性によれば、ロンボク島西部のマタラムで非常に強い揺れを感じたという。

男性はCNNの電話取材に答えて、地震発生時には人々が叫び声をあげ始めたと振り返った。直後に救急車が走り始め、サイレンが聞こえてきたという。ロンボク島中部の友人からは、家屋にひびが入り始めたと言われたという。

ロンボク島で地震が発生したのは2週間で3度目。7月29日もM6.4の地震が発生していた。

インドネシア国家防災庁によれば、5日の地震では16万5000人以上が住む場所を失った。1500人近くが負傷したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]