神経剤「ノビチョク」への接触事件、英内相がロシアに説明要求

神経剤「ノビチョク」に接触して意識不明となった英南部の男女2人は現在も重体

神経剤「ノビチョク」に接触して意識不明となった英南部の男女2人は現在も重体

英南部エイムズベリー(CNN) 英国のジェイビッド内相は5日、同国南部エイムズベリーで男女が意識不明の状態で見つかった事件で、旧ソ連時代に開発された神経剤「ノビチョク」によるものとの発表を受け、ロシアに対し説明を行うよう求めた。

ノビチョクは軍事級の神経剤で、今年3月にエイムズベリーから数キロ離れたソールズベリーで起きたロシア人元スパイへの襲撃でも使用されていた。英政府はロシアによる襲撃との見方を示すが、ロシア側はこれを否定している。

今回被害に遭ったのは45歳の男性と44歳の女性の2人で、上記のロシア人元スパイが治療を受けたのと同じ病院へ搬送されている。2人は依然として重体。

ジェイビッド内相は議会で「今こそロシアが国家として名乗り出て、何が起きたのか具体的に説明する時だ」「わが国の国民が、意図的であれ偶然であれこのような標的にされるのは全く受け入れられない。また国内の路上や公園、街中が毒物の廃棄場になるのも許しがたい」と述べた。

ジェイビッド内相は議員らに対し、ロシア人元スパイへの襲撃後に除染を行った場所については現在も安全であり、一般市民への「甚大なリスク」は存在しないと説明した。

事件の捜査のため、現在エイムズベリーとソールズベリーの6カ所が警察によって封鎖されている。ジェイビッド内相によると、これらの場所を訪れた人には衣服や所持品を洗うようにとの呼びかけを実施しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]