移民233人乗せた船、ついにマルタに入港

マルタの首相が移民233人を乗せた救助船を停泊させることで合意したと発表

マルタの首相が移民233人を乗せた救助船を停泊させることで合意したと発表

(CNN) 移民233人を乗せた救助船が地中海で5日間にわたり立ち往生している件で、同船が27日、マルタの港に到着した。

マルタのムスカット首相は船を停泊させることで合意したと確認する声明を出した。

同船はドイツの慈善団体「ミッション・ライフライン」が運航。船内の状況が悪化する中、欧州各国が移民への対応で合意するのを待っていた。

マルタ、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、アイルランド、フランスが移民の受け入れを表明。フランスは50人を受け入れる意向を示した。

ムスカット首相はまた、船が国際法に違反したかどうか捜査を行うとも述べた。同船はイタリア当局の指示を無視して行動したなどとしてイタリアやマルタの当局から批判を浴びている。

同船の入港先探しを支援している団体「シーウオッチ」の広報担当者は、そうした批判は当たらないと反論。船長はルールに従っていて、捜査を受けるべきは欧州各国の政府だと主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]