ショッピングモール火災、37人の死亡を確認 フィリピン

フィリピンで起きたショッピングモール火災で、37人の死亡が確認された

フィリピンで起きたショッピングモール火災で、37人の死亡が確認された

(CNN) フィリピン南部ダバオ市にあるショッピングモールで発生した火災で30人以上が行方不明になっていた件で、当局は26日までに、37人が死亡したと明らかにした。

火災は23日午前に同市にあるモール「ニュー・シティー・コマーシャル・センター(NCCC)」で発生した。

当局などによれば、死亡した37人は全員、アウトソーシング企業のコールセンターで働いていたという。同社の最高経営責任者(CEO)は声明で、遺族らに弔意を伝えた。

これより先、地元メディアの国営フィリピン通信(PNA)は消防士が焼け焦げた遺体1体を収容したと伝えていた。同時に、残りの36人については行方不明で、死亡の恐れがあるとしていた。

ダバオ市長も、火事にまきこまれた37人全員がコールセンターで働いていたと確認した。コールセンターは出火した建物の4階に位置していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]