プーチン氏がトランプ氏に謝意、CIA情報でテロを阻止

プーチン氏がトランプ氏に電話で謝意、CIA情報でテロ阻止

(CNN) ロシアのプーチン大統領が17日に米国のトランプ大統領と電話で会談し、ロシアの都市サンクトペテルブルクでのテロ計画に関する米中央情報局(CIA)からの情報提供に謝意を表した。

これに先立ちロシア治安当局は15日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に関連するテロ組織のメンバー7人を拘束し、大量の爆発物や武器、過激派に関連する文献を押収したと発表していた。テロはサンクトペテルブルクのカザン大聖堂などに対して16日に実行する計画だったとされる。

ロシア政府は声明の中で、「CIAから入手した情報をもとに、犯罪集団を捜索・逮捕することができた」と評価。トランプ大統領を通じてCIAのポンペオ長官や、情報を入手した関係者にも謝意を伝えたことを明らかにした。

電話会談ではプーチン大統領がトランプ大統領に対し、米国や米国民に対するテロの情報をロシア情報当局が入手した場合は、直ちに米国に伝達することを約束したという。

ロシア国営タス通信によると、電話はロシア側から米国にかけた。

米ホワイトハウスも17日にこの内容を発表。トランプ大統領はロシアからの電話を評価し、テロを阻止するための情報共有の重要性を強調したと述べている。

両首脳は14日にも電話で会談し、米ロ関係や北朝鮮への対応について協議していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]