米国務長官、北朝鮮に「前提条件なしの対話」呼び掛け

米国務長官、北と「前提条件なし」で対話も

ワシントン(CNN) 米国のティラーソン国務長官は12日、ワシントン市内での講演で、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対し、米国は前提条件なしで対話を始める用意があると呼び掛けた。

ティラーソン氏は北朝鮮に「とにかく会おう。天気の話がしたいならそれもいい。そちらが四角いテーブルにするか丸いテーブルにするかで熱くなっていたらその話でもいい。少なくとも直接顔を合わせ、一緒にどこを目指せるかという見通しを検討しよう」と語り掛けた。

対話を始める前にまず兵器を放棄しろと要求するのは無理な話だと主張し、トランプ米大統領も同じ考えだと述べた。

ただし「何か条件があるとすれば」と前置きしたうえで、対話の最中に北朝鮮が核・ミサイル実験を強行すれば建設的な議論は難しくなると指摘。北朝鮮側に自粛期間の設定を求める構えを示した。

また、今までに北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と話し合ったことのある人は1人もいないとして、話し合いをどう始めるかが問題だと強調。まず正恩氏という人物を知り、北朝鮮の動き方、考え方を把握する必要があると語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]