ソマリア連続爆発、死者512人に 10月の報告から激増

10月に発生した連続爆発事件で、死者数がこれまで報告されていた人数から大幅に増加したことが分かった

10月に発生した連続爆発事件で、死者数がこれまで報告されていた人数から大幅に増加したことが分かった

(CNN) アフリカ東部ソマリアの首都モガディシオで10月に発生した連続爆発の死者が、これまでの報告を上回る512人に達していたことが分かった。当局が3日に発表した。

10月14日に発生した連続爆発は同国の歴史上最悪規模の犠牲者を出した。政府は10月末ごろの時点で、死者数を358人と報告していた。

1カ月半以上が経過した後に死者数が跳ね上がった理由は、現時点で明らかになっていない。爆発についての犯行声明は依然として出ていない。

政府の調査委員会は記者会見で、70人近くが行方不明のままであり、けがの回復していない人も295人に上ると説明した。

モガディシオはここ数年、大規模な攻撃の標的となってきた。このうち複数の爆発事件には、イスラム過激派「シャバブ」が絡んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]