アフガン特殊部隊、タリバーンに拘束された15人を救出

2017.11.20 Mon posted at 12:35 JST

[PR]

(CNN) アフガニスタン軍の特殊部隊と北大西洋条約機構(NATO)主導の支援部隊は19日、南部ヘルマンド州で反政府武装勢力タリバーンへの奇襲作戦を実施し、タリバーンに拘束されていたアフガン人15人を救出した。NATOの支援作戦本部が発表した。

作戦は特殊部隊がNATO部隊の支援を受け、夜間にノウザドという村落で実行。タリバーンのメンバー数人を拘束し、爆弾材料を押収した。

救出されたアフガン人はヘリコプターで安全な場所へ運ばれた。解放に先立ち、健康診断などを受けたという。

アフガンでは先月、イスラム教の礼拝所(モスク)2カ所を狙った自爆テロで60人近い死者が出るなど、武装勢力による攻撃が相次いでいる。今月7日には首都カブールのテレビ局が襲撃を受け、警備員1人と実行犯らが死亡した。

NATOはタリバーンや過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」系の武装集団と戦うアフガン軍精鋭部隊の増強に向け、助言などに当たる部隊の増派を予定している。

メールマガジン

[PR]