マダガスカルのペスト流行 死者57人に、680人超が感染

2017.10.17 Tue posted at 14:50 JST

[PR]

(CNN) アフリカ・マダガスカルで前例のない規模でペストが流行しており、57人が死亡し、680人以上が感染しているとみられることが17日までに分かった。首都アンタナナリボでの死者は25人、329人が感染しているとみられている。

世界保健機関(WHO)と地元のリスク管理対策部門に報告されたものの中には、臨床試験によって確認されたもののほかに、疑わしいものなども含まれている。

マダガスカルではペストは定期的に流行し、毎年推計400人が感染するが、専門家によれば、今回の流行はこれまでのものと大きく異なっているという。

感染が始まった時期が通常よりも早いほか、都市部などこれまでになかった地域でも感染が発生している。

10月12日時点で報告されたのは684件。マダガスカルにある114地区の35地区で感染が報告されている。その中には少なくとも10の町が含まれている。

ペストはペスト菌によって引き起こされ、ネズミなどが運ぶノミがかむことで感染が拡大する。症状は、痛みやリンパ節の腫れ、発熱、寒気、咳(せき)など。

流行の抑制に向けて国際社会からの支援も届いている。

メールマガジン

[PR]