イラク政府軍、北部キルクークを掌握 クルド支配地域

クルドの旗を付けた自転車に乗る少年。イラク政府はKRGが支配していたキルクークを制圧した

クルドの旗を付けた自転車に乗る少年。イラク政府はKRGが支配していたキルクークを制圧した

(CNN) イラク政府軍が、少数民族クルド人主体の自治政府、クルディスタン地域政府(KRG)が実効支配していた北部の主要都市キルクークを掌握した。治安当局の情報筋や目撃者がCNNに語った。

軍の部隊は15日深夜に作戦を開始した。キルクーク郊外の主要な油田や軍基地を制圧したうえで、市内に進攻。数百世帯の住民を追放し、周囲に検問所を設置した。

キルクークはもともとクルド系の都市だが、自治区として公式に認められたクルディスタン地域の外に位置する。イラク連邦政府とKRGが管轄権を争い、KRGが実効支配してきた。市内にある県知事庁舎にはこれまで連邦政府の国旗とKRGの旗が両方掲げられていたが、目撃者によると現在は国旗だけが立っている。

イラクでは先月、KRGが独立の賛否を問う住民投票を実施し、賛成多数の結果が出た。この投票にはキルクークの帰属を正式にKRG側とする項目も含まれ、連邦政府側に衝撃が広がっていた。

キルクークへの進軍はイラクのアバディ首相が「治安確立のため」として指示し、KRGの治安部隊「ペシュメルガ」に連邦政府への協力を求めた。

政府軍の作戦には、イランの支援を受ける民兵組織「人民武装軍団(PMU)」も協力した。ペシュメルガ司令官らがCNNに語ったところによると、政府軍との衝突でクルド人兵士少なくとも16人が死亡、数十人が負傷した。

米国は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦で連邦政府、KRGの双方と協力している。紛争後のイラクで領土をどう配分するかという問題の難しさが、改めて浮き彫りにされた形だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]