ICBMに搭載する「水爆」、金正恩氏が視察 北朝鮮報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICBM搭載用の水爆、金委員長が視察

ソウル(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆を金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が視察したと伝えた。

KCNAによると、正恩氏は核兵器研究所を訪れた際に水爆を視察した。「爆発規模を数十キロトンから数百キロトンまで調整できる多機能の水爆」で、目的に応じて高度の高い空中で爆発させる電磁パルス(EMP)攻撃にも使えると報じている。

北朝鮮は今年、速いペースでミサイルの発射実験を繰り返してきた。先月29日には「火星(ファソン)12」と称する中距離弾道ミサイルが日本上空を通過するなど、米国や日本、韓国との緊張がますます高まっている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「核・ミサイル開発」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]