米戦略爆撃機、今度は朝鮮半島に飛来 北朝鮮ICBMに対抗

2017.07.08 Sat posted at 17:40 JST

[PR]

(CNN) 米軍太平洋軍は8日、戦略爆撃機「B1B」の2機が7日、朝鮮半島上空を飛行したと明らかにした。北朝鮮による今月4日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射と核の威嚇への対抗措置としている。

飛来したB1B機は米領グアム島のアンダーセン空軍基地の所属で、朝鮮半島上空で10時間にわたって作戦を遂行した。米空軍のF16型戦闘機と韓国空軍のF15型戦闘機も合流したとしている。

B1Bは韓国・江原道にある空対地攻撃用の演習場で起爆しない兵器を投下するなどして、空爆能力を訓練したという。

朝鮮半島への飛来任務終了後、東シナ海上空を通過してグアム島へ帰還する際には日本の航空自衛隊の複数のF2型戦闘機が随伴飛行した。

米太平洋軍空軍のテレンス・オショーネシー司令官(大将)は北朝鮮の最近のICBM試射などに触れ、「我々の同盟国、パートナー国や母国への脅威である」と指摘。「もし出動命令が出たとしても、結束した我々空軍は全面的に致命的な打撃を与える能力を発揮出来るよう訓練され、必要な装備をしていることを明確にしておきたい」と強調した。

メールマガジン

[PR]