北京の道路を237キロで走行、映像投稿のバイク男逮捕

北京(CNN) 北京の環状道路をバイクで走行し、時速237キロまで速度を上げる映像をソーシャルメディアに投稿していた男が、危険運転の容疑で逮捕された。

男は制限速度の3倍までスピードを上げ、全長33キロの環状道路を14分足らずで1周。この映像がネットで注目を集めていた。

北京の交通管理当局が4日にソーシャルメディアサイト「新浪微博(ウェイボー)」に掲載した情報によると、捜査員が南西部の広西チワン族自治区まで出向いて3日に男を逮捕した。男は容疑を認めているという。

新華社通信によれば、男は広西の出身で、8月22日に北京でヤマハの「YZF-R1」を運転しながら、ヘルメットに取り付けたビデオカメラで走行の様子を撮影したという。

北京では今年4月、若者グループがランボルギーニやフェラーリなどの高級車を時速160キロあまりの速度で運転していて事故を起こし、逮捕されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]