社員が113億円盗み失踪、欧州企業の韓国子会社

欧州企業ABBの韓国子会社で社員による1億ドルの窃盗事件が発生=
ABB

欧州企業ABBの韓国子会社で社員による1億ドルの窃盗事件が発生= ABB

香港(CNNMoney) 電力関連事業やロボット製造などの欧州大手企業「ABB」は23日までに、韓国の子会社の社員1人が1億米ドル(約113億円)を盗み、失踪していることを明らかにした。

巨額の窃盗は巧妙な手口による犯行とし、同社員が約2週間前に姿を消した後に判明したという。この社員の身元は明かしていないが、ABBや韓国警察当局は書類偽造や外部の複数の共犯者の存在を疑っている。

韓国の警察の報道担当者は、社員は香港へ逃走したと見られ、国際刑事警察機構(ICPO)と協力し韓国への身柄送還の実現を図ると述べた。

ABBによると、今回の不祥事は韓国子会社内に限られている。同子会社の社員数は約800人。一部の社員らは引き続き調べを受けているという。

ABBはスウェーデン、スイス両国系の企業で、今回の巨額窃盗は昨年対象の決算報告に支障を与えるとみられる。決算上の打撃を少なくするため盗まれた金の回収に努めると共に、法的手段を講じ、保険金請求も実施する方針を示した。同社の昨年の純益は約20億ドル、総収益は約340億ドルだった。

ABBは世界規模で約13万2000人を雇用している。事件を受け、年次の業績報告は延期される可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]