ロボットの暴走防ぐ「停止スイッチ」、欧州議会が義務化提案

人間に危害を加える前にロボットを停止させる「キル・スイッチ」の義務化を提案

人間に危害を加える前にロボットを停止させる「キル・スイッチ」の義務化を提案

ロンドン(CNNMoney) 欧州議会の法務委員会は12日、緊急時に備えてロボットの機能を止める「キル・スイッチ」をつけることを求める提案を可決した。今後、欧州委員会で検討されることになる。

提案を起草したマディ・ドルボー議員は「私たちの日常生活において、ロボットの影響が増している領域は増加の一途だ。ロボットが今後も人間への奉仕を続けられるよう、私たちは欧州にしっかりとした法的枠組みを作り出す必要に迫られている」と述べた。

今回の提案で求められているのは、倫理的で安全なロボットを設計するための指針の策定だ。

例えば設計者は、ロボットに緊急時用の「キル・スイッチ」を付けなければならないほか、ロボットに搭載されたソフトウエアが設計通りに機能しなかった場合にロボットの再プログラムを行う仕様にしなければならない。

また、ロボットの開発者、製造者、運用者は基本的に、SF作家アイザック・アシモフが考えた「ロボット3原則」に従わなければならない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]