マルコス元大統領の「英雄墓地」埋葬、最高裁が認める

マルコス元大統領の埋葬に反対する人々。最高裁は申し立てを棄却した

マルコス元大統領の埋葬に反対する人々。最高裁は申し立てを棄却した

(CNN) フィリピンで長年にわたり独裁政権を率いたマルコス元大統領の遺体を国立英雄墓地に埋葬する計画に対して反対派が異議を申し立てていた問題で、同国の最高裁判所は8日までに申し立てを棄却し、埋葬を認める判断を下した。

最高裁は9対5(棄権1)で申し立てを棄却した。

裁判所前ではマルコス氏を支持する賛成派が判断を歓迎した。一方、反対派は「マルコスは英雄ではない」と書いた横断幕や、「弾圧犠牲者のために裁きを」と訴えるプラカードを掲げて抗議した。

マルコス氏の遺体は北イロコス州にある一族の霊廟(れいびょう)に保存されている。英雄墓地への埋葬計画は、今年5月の大統領選で勝利したドゥテルテ大統領が就任直後に発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]