マレーシア首相、軍事などで中国と関係強化 欧米を牽制

マレーシアのナジブ首相が中国との関係緊密化を強調

マレーシアのナジブ首相が中国との関係緊密化を強調

(CNN) マレーシアと中国は3日までに、エネルギーや軍事など多方面での協力を強化することで合意した。中国国営メディアが伝えた。

マレーシアのナジブ首相は中国国営の中国日報への寄稿で「我々2国間の関係は新たな頂点に到達する」と述べ、中国から沿海域任務艦4隻を購入することで合意したと明らかにした。このうち2隻は中国で、2隻はマレーシアで建造する。ナジブ首相はこの合意を「我々2国間で初の重要な防衛取引」と形容している。

ナジブ首相はかつてマレーシアを植民地化していた欧米諸国にも矛先を向け、「自分たちより小さい国を公平に扱うことは、大国に課せられた義務だと信じる」と強調。「これはかつての宗主国にも当てはまる。そうした国がかつて搾取した国に対し、現在の内政の在り方について説教する筋合いはない」と牽制(けんせい)した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]