不明マレーシア機、旋回しつつ高速で墜落か 通信記録を分析

マレーシア航空370便は旋回しながら猛スピードで墜落したという

マレーシア航空370便は旋回しながら猛スピードで墜落したという

(CNN) 2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空370便は最後の瞬間、旋回しながら猛スピードで墜落したことが、人工衛星との通信記録から新たに判明した。

不明機の捜索にかかわるマレーシア、中国、オーストラリア各当局や米英の専門家らが豪キャンベラで一堂に会し、関連データなどの情報を交換している会合で、豪運輸安全局(ATSB)が2日、通信記録の新たな分析結果を発表した。

それによると、同機は衛星と最後に交信した時点で、次第に加速しながら急激に高度を下げていたことが分かった。

また、今年6月にタンザニアで発見された翼部分の破片から、空気抵抗を調節するためのフラップを展開して着陸態勢に入った形跡はないことが確認された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]