北朝鮮で初の航空ショー、模型の米軍F16機も登場

北朝鮮が航空ショーを開催

(CNN) 核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮で29日までに、同国初の航空ショーが実施された。観光促進の催しと主張しているが、軍事協力を強化する米国や韓国に対し自らの航空戦力を誇示する狙いも指摘されている。

国連は北朝鮮による核実験などを受け、同国への航空燃料輸出を禁止する決議を採択している。航空ショーの実施は、この制裁措置の効力を否定するような形ともなっている。

ショーではロシア製や中国製の航空機などが登場したが、1980年代の米ヒューズ社製の軍用ヘリコプター「MD500」も披露された。北朝鮮に対しては国際社会の経済制裁が打ち出されているが、同ヘリの出現は制裁の抜け道があることも示唆した。第3国を通じて入手した可能性がある。

航空ショーではまた、遠隔操作方式の米軍戦闘機F16の模型も展示された。

同ショーの実施場所や期間は伝えられていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]