米議会、テロ支援者制裁法を可決 オバマ氏の拒否権覆す

米議会がオバマ大統領の拒否権を覆し、同時多発テロ関連の法案を再可決した

米議会がオバマ大統領の拒否権を覆し、同時多発テロ関連の法案を再可決した

ニューヨーク(CNNMoney) 米上下両院は28日、米同時多発テロに関与した外国政府を相手取った訴訟を可能にする法案を再可決し、オバマ大統領の拒否権を覆した。大統領の拒否権が覆されるのはオバマ政権になって初めて。

上下両院ともに票差は圧倒的だった。上院では反対票を投じたのは民主党のリード院内総務のみ。続く下院でも、賛成348に対し反対は77だった。

オバマ大統領はCNNの番組に出演し、議会が圧倒的多数の賛成で拒否権を覆したことは、直後の選挙戦をにらんだ「政治的な投票」だったと述べた。

同大統領は「今回の事例が示すのは、なぜ人は時として困難なことに取り組まなくてはならないのかという点だ。率直に言って議会には、あえて困難なことに踏み込んでほしかった」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]