アフリカ初、女性創業の航空会社が奮闘 南ア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性スタッフの育成にも力を注ぐ

(CNN) 南アフリカで身長が規定に達せず客室乗務員になれなかった女性が自ら航空会社を立ち上げ、話題を呼んでいる。女性が航空会社を作るのはアフリカ初だ。

シボンギレ・サンボ氏は南アフリカ航空の客室乗務員になることを断念し、自分で航空会社を立ち上げることを決意。設立資金に充てるため車を売り、母親の年金も投入した。

サンボ氏が創業したSRS航空は、女性が立ち上げたアフリカ初の航空会社となった。2004年に南ア政府から業務委託され、初飛行を実現している。

SRS航空は以来、ヘリコプターや高級旅行など個人向けのサービスを展開してきた。ヨハネスブルクを拠点に米国やドイツにも便を運航。1000ドルのチャーター便から約20万ドルに及ぶ米国への要人輸送まで、幅広いニーズに対応しているという。

現在では好調のSRS航空だが、厳しい時代もあった。サンボ氏は、男性が支配的な航空業界に割って入り、業界特有の慣習を学ぶのが大変だったと話す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]