ISIS風刺の評論家、銃撃され死亡 ヨルダン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宗教冒瀆の罪に問われた評論家が銃撃された現場

宗教冒瀆の罪に問われた評論家が銃撃された現場

(CNN) ヨルダンの首都アンマンで25日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の風刺画をフェイスブックに投稿して宗教冒瀆(ぼうとく)の罪に問われていた著名評論家が銃撃を受けて死亡した。国営ペトラ通信が伝えた。

死亡したのはキリスト教徒で政治評論家、コラムニストのナヒド・ハタル氏。出廷先の裁判所前で3発撃たれ、近くの病院へ運ばれたが死亡した。

ペトラ通信によると、治安部隊が犯人を拘束し、当局が捜査を進めている。

ハタル氏は先月、フェイスブックに投稿した風刺画でイスラム教団体などの怒りを買い、神を冒瀆したとして拘束された。宗教を侮辱し、宗派間の対立や人種差別をあおった罪に問われたが、今月に入って保釈されていた。

問題の風刺画には、あごひげを生やした男性が天国で2人の女性とベッドに入り、神にワインや食べ物を注文する姿が描かれていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]