伊地震の負傷者を料理名で風刺、ラザニアなど 仏新聞

シャルリー・エブドがイタリア中部を襲った大地震の負傷者らを題材にした作品を掲載し物議に

シャルリー・エブドがイタリア中部を襲った大地震の負傷者らを題材にした作品を掲載し物議に

(CNN) 刺激的な風刺画で過去にも物議を醸したことがあるフランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」が3日までに、イタリア中部を8月24日未明に襲った大地震の負傷者らを題材にした作品を最新号に掲載し、被災者らから反発を買う騒ぎとなっている。

この作品のタイトルは「イタリア式の地震」と称するもので、負傷者の姿をイタリア料理のレシピになぞらえて描いている。出血多量の男性には「トマトソースのペンネ」、顔面に大きな傷痕ややけどを負った女性には「ペンネグラタン」の言葉が添えられ、崩壊した建物のがれきの間にはさまれ、血を流しながら足が突き出ている多数の被災者の図柄は「ラザニア」と題されている。

これら一連の作品はイタリアだけでなくインターネット上でたちまち大きな反感を呼ぶ結果となった。

甚大な被害が出たアマトリーチェのピロッツィ町長は「不快で困惑する風刺画」と非難。イタリアのANSA通信によると、町長は「フランス国民の本当の気持ちを表現しているとは考えない」と主張した。「皮肉は結構だが、災害と死者の風刺は出来ないはずだ」とも反論した。

同町の名物はトマト味のパスタソース。今回のマグニチュード(M)6.2の地震で、町内の大半の建物が倒壊し、180人以上の犠牲者を出した。他の被災地を含めた死者数の総数は約300人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]