ペトラ遺跡で新たな巨大遺構発見、儀式に使用か ヨルダン

2016.06.10 Fri posted at 13:24 JST

[PR]

(CNN) ユネスコの世界遺産に指定されたヨルダン南部のペトラ遺跡で、巨大な建造物の遺構が新たに発見された。ナショナル・ジオグラフィック誌の考古学者などがこのほど学術誌に発表した。

この遺構は考古学者のサラ・パーカック氏らが、衛星画像の分析やドローンを使った調査、地盤調査などを通じて発見した。遺構は56メートルX49メートルあまりの広さがあり、ペトラの他の遺跡とは違う独特の特徴があるという。

ペトラ遺跡は数千もの建造物や遺跡で構成され、50万人あまりの観光客が訪れている。街はナバテア人が築いたとされ、紀元前4世紀から1世紀ごろにかけて交易の中心地としての役割を果たした。

今回見つかった遺構は、ナバテア人の文明が栄えた2世紀ごろ、儀式に使う目的で市中心部付近に建造されたと思われる。後に東ローマ帝国の支配下に入るとキリスト教の礼拝堂に転用され、イスラム帝国の時代になってからは日常的な用途に使われていたとみられる。

この遺構の中には、やや小さい46X44メートルほどの土台があった。その一方に面して柱が並び、「柱の列は、小さい方の土台の横幅いっぱいに広がる階段を彩っていた」と研究チームは記している。

メールマガジン

[PR]