ロシア爆撃機、イラン基地から初の出撃 シリア空爆で

ロシア爆撃機、イラン基地から出撃

(CNN) ロシア国防省は18日までに、イラン国内の基地から出撃したロシア軍の複数の爆撃機が過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」と「ヌスラ戦線」がシリア領内に築く拠点に空爆を加えたとの声明を発表した。

ロシアによるシリアへの軍事介入でイラン内の基地が用いられたのは初めて。イランが1979年のイスラム革命以降、国内の基地使用を大国に許したのも初めてとみられる。

ロシア国防省の声明によると、同国軍の長距離爆撃機Tu22M3と戦術爆撃機Su34が16日、イラン西部のハメダン空軍基地を離陸。シリアのアレッポ、デリゾール、イドリブ3県にあるISISなどの拠点を空爆した。アレッポ市近くのISISの武器弾薬庫や他都市を含めた3カ所にある陣地や訓練キャンプを破壊したとしている。殺害した戦闘員も相当数に上るとした。

出撃した爆撃機は全て無事に帰投したとも述べた。

国営イラン通信(IRNA)によると、同国の最高安全保障委員会のアリ・シャムハニ事務局長は16日の会見で、「イランとロシアはシリアでのテロとの戦いで戦略的な協力関係の下で施設や能力を共有している」と述べた。ロシア軍による今回のイランの基地使用を暗に認めたものとも受け止められている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]