たこ糸でのどを切られ3人死亡 インド

たこ揚げには粉末状のガラスや研磨材でコーティングされた「マンジャ」と呼ばれる糸を使用

たこ揚げには粉末状のガラスや研磨材でコーティングされた「マンジャ」と呼ばれる糸を使用

ニューデリー(CNN) インド・デリーの警察は18日までに、ガラスでコーティングされたたこ糸が原因で同じ日に3人が死亡したと明らかにした。

ウェストデリー警察によると、15日、4歳の男児が車のサンルーフから頭を出していたところ、のどを糸で切られて死亡した。22歳の男性はオートバイに乗っていたところをやはりたこ糸で首に致命傷を負ったという。

ノースウェストデリー警察によると、同日、車のサンルーフから頭を出していた3歳の女児がたこ糸で首に切り傷を負い、窒息死したという。

3人の死の原因となったのは、粉末状のガラスでコーティングされた「マンジャ」と呼ばれるたこ糸だ。デリーではこうした危険な糸の使用禁止に向けて動き出している。

デリー首都圏のシソディア副首相は短文投稿サイトのツイッターで、「中国製マンジャなど、ガラスやとがった素材を使ったたこ糸は危険だ」「市民の安全が何より大切だ」と述べた。

動物愛護団体「PETA」で政府との渉外担当を務めるニクンジャ・シャルマ氏は、マンジャを禁止すれば動物への被害防止にもつながると期待する。

シャルマ氏によれば、オールドデリーにある動物病院ではこの数日間だけでたこ糸のせいでけがをした500羽を治療したという。インドでは独立記念日にはたこ揚げが盛んに行われることから、毎年この時期になると鳥のけがが急増する。

「政府が禁止するのは間違いないだろう」とシャルマ氏は言う。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]