台湾で同性婚合法化の機運、年内にも法案 アジア初実現か

同党と対立する国民党の議員も、LGBTの権利は最優先課題であり、民進党議員との連携に値すると語った。

改正法案には、同性のカップルを結婚したカップルとして登録することや、財産や不動産の相続、代理親契約などの権利を明記することが検討されている。

同性婚への支持の高まりは世論調査にも表れている。台湾の司法省がインターネットを通じて昨年実施した世論調査では、同性婚の合法化を支持するという回答が71%に上り、それまでの調査よりもさらに増えた。

台湾のマクドナルドは若い男性が自分の父親にカミングアウトするCMを流し、宗教団体は反発したものの、世論調査では圧倒的に好感度が高かった。3月4日にユーチューブに投稿されて以来、支持は9600件、不支持は600件にとどまっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]