同性愛理由に息子射殺、父親を逮捕 米ロサンゼルス

2016.04.03 Sun posted at 16:06 JST

[PR]

ロサンゼルス(CNN) 米カリフォルニア州ロサンゼルス郡の検察当局は3日までに、同性愛を理由に38歳の息子を散弾銃で射殺した疑いで69歳の父親を逮捕したと発表した。容疑者は息子に対し殺害すると再三脅していたという。

計画殺人の罪に問われ、有罪が確定すれば保釈の可能性がない終身刑判決を言い渡される可能性がある。

地元警察によると、一家の母親の遺体もロサンゼルス市のノースヒルズ地区にある自宅内で見付かった。複数の刺し傷があったという。警察の報道担当者によると、息子は自宅の外で撃たれたと見られ、遺体には複数の銃弾痕があった。

警官が緊急通報を受けて自宅に急行したところ、2人の遺体を発見した。地元紙ロサンゼルス・デーリー・ニューズは捜査員の話として、父親は当初、妻の遺体を浴室内で見付けたと供述したと報道。息子への発砲も、刃物で脅されたための自衛手段と主張したと伝えた。

しかし、この後に自らの犯行を認める供述を行い、殺人罪で訴追されたとしている。

地元のテレビ局KNBCによると、近所の住民は一家の自宅から口論の声が再三聞こえていたと証言した。

性的少数者(LGBT)の権利擁護に当たる行うロサンゼルスLGBTセンターは今回の事件は性的少数者が見捨てられているだけでなく、性的指向を明かしたため虐待に直面している現実を浮き彫りにしたと指摘した。

ロサンゼルス郡の人間関係の問題に関する委員会は2014年、LGBTはヘイトクライム(憎悪犯罪)の大半の被害を受けているグループの1つとする年次報告書を発表。アフリカ系(黒人)、ヒスパニックにユダヤ人を加えた4グループはヘイトクライム件数の86%の標的になっていた。

メールマガジン

[PR]